ハイセンスのテレビが故障した!修理したい時の対応方法を解説

テレビ

ハイセンスのテレビの故障は、修理を必要とする場合、有償での修理になり、その条件はテレビの故障が自然故障であることが絶対条件です。

なお、自然故障は、物理的な故障ではなく経年劣化の故障のことです。

ある時、急に動かなくなるという故障であるため、保証期間内に故障した場合、適応されてる修理であると認識してもらえれば分かりやすいです。

逆に修理期間を超えたものは修理ができなくなるので、メーカー修理の期限である3年の間は修理が可能です。

ハイセンスは元々は、1年の修理期間でした。

ですが、海外事業者であることから製品に対する不安があり、一年という修理期間を延長したことがあり、今現在においては、3年の間に急に動かなくなった製品が修理対象の商品となります。

今回は、ハイセンスのテレビが故障した時や修理したい時の対応方法を解説していきます。

ハイセンスのテレビが故障した!交換はしてくれるの?

ハイセンスのテレビが故障したて交換はしてくれるのは、修理が難しいという判断になった商品で保証期間内で損傷し、事業者側がその場で修理をする自信がない場合に交換です。

逆を返せば、ハイセンス側の修理事業者が出張修理に来て修理を可能だと言えば、交換は不可能であると言えます。

修理事業者が自信満々に修理できると望んで修理ができなかった場合、新しい物への交換はもちろんのこと、商品を購入したという契約自体無かったこととしてお金を販売店から全額返金ということも実は可能です。

これは何故かというと、保証期間内において修理を可能とするという保証が機能しない、要は修理できない、もしくは修理するだけの技術力がないとハイセンス側に修理できないという事実が顧客を通して販売店側に伝われば、販売店側は、公正な取引をお客との間に行わなかったとなり、ハイセンス側の商品をお客は一方的に返却ができるのです。

何故なら、店頭販売であれ、ネット通販であれ保証がサービス内容として機能しない場合、詐欺という扱いになるうえ、かつ保証できない小遺品を売りつけたとなった場合、示談すべくはハイセンス側にあります。

ハイセンス側は、販売店を通じてお客が支払った代金の全額の返金を受け入れる必要性があり、これを行わないと顧客との信用取引を放棄したことになるが故、事業者としては取り締まりを受ける対象になってしまいます。

その為、交換についてはハイセンスの場合、修理できないケースにおいて交換になり、交換したものが再度自然故障した場合は、返金も原理上可能で、返金は、保証期間内であれば、全額の返金が可能なはずです。

交換後に再度故障するということは、無いとも言えません。

万が一保証期間内のわずかな間に自然故障という形で壊れた場合については、事業者に返金を求めれば、商品を購入したという事実そのものを抹消することが可能です。

ハイセンスのテレビが故障したら修理は依頼できるのか?

ハイセンスのテレビが故障したら、原則として販売店で購入した場合、メーカー保証の適応がされ3年間の間修理を依頼可能です。

ただ、必ずテレビの故障が自然故障でないとならず、自然故障とは経年劣化等の故障のことで、自然に故障する故障でなければならないです。

無論、購入してすぐに動作しないというのは、交換対象になり、これは自然故障以前の問題で論外になります。

逆を返せば、修理事業者がやってきて故障している場所が人為的に故障していると判断した場合、保証期間内であっても修理を受け付けなくなることもあり得ます。

例えば、テレビをぶつけてしまったの他埃が侵入して故障を引き起こした場合、経年劣化に該当しないため、恐らく修理は有償です。

ですが、有償でも修理依頼ができるため、お金を支払ってでも修理をしたい場合、ハイセンスの修理事業者の方に一度テレビを見てもらってから修理を望むのが良いでしょう。

無論、これは販売店のケースで、ネット購入の場合、購入した店舗側の指示で修理に関する依頼をお願いするため、ハイセンスのテレビの販売店側に直接テレビを郵送して修理をしてもらうこともあり、この場合、ハイセンスのテレビを製造している事業者のメーカーページ上で修理を依頼する形になります。

詳しくはハイセンスの公式ページに保証について記載や修理の規約の記載がありますのでそちらから修理に関するサポート受けるとよいでしょう。

https://www.hisense.co.jp/warranty/

なお、注意してほしい点においては、ハイセンスは2015年度から発売しているテレビやその他商品については3年のメーカー保証を設けていますが、それよりも以前の商品については、メーカーにて無償で修理を可能とする保証期限を1年と定めています。

そのため、メーカーの無償での修理サポートは1年の商品も存在しているので注意しましょう。

ハイセンスのテレビが故障した時の対応を経験者に聞いてみた

ハイセンスのテレビが故障した時の対応を経験者に聞いてみたお話ですが、サポートがとても良い対応をしているという声もあれば、最低の対応だったという声もあります。

というのも、実はハイセンスの商品は対応をする事業者が異なるケースがあります。

家電販売店側であれば、家電販売店が代理で修理の受付を行いメーカーに対応を求めるケースがあり、こちらにおいては大手の家電販売店が親身になり対応することで問題は解決したという声もあります。

ですが、問題はネット通販で購入した商品に対する保証はかなり評判が分かれていることです。

つまり、ハイセンス側のサポートに電話をして対処を仰ぐのですが、この時にとても嫌な声で面倒くさいかのように対応をされた人物もいれば、そもそも対応辞退が受け入れられなかったという声もあります。

恐らくですが、ハイセンスは自分で対処をする場合においてはネット通販の場合、代理店を通してないが故購入者側の要望を通す必要性がないと電話サポート上で判断した場合、対応を打ち切るのだと思います。

ここがハイセンスの商品に対する不満や不安を感じたポイントだったというのもあるのではないでしょうか。

ハイセンスの商品を購入した購入者の方々の声で、恐らく1年というサポートを延長したのも、不満や不安を挙げる声が大きくなったが故にハイセンス側がサポートにおいて長期に至ってサポートをするようにしたのだと思われます。

現実的にサポートに電話をした方の意見を参考に見たところ、サポートセンターは初期のサポートセンターで対応をして貰った人はかなりひどい対応で今の対応においてはきちんとメーカー側が保証をするというスタンスを取っているようです。

まとめ

ハイセンスは、利用者側の不満や不安の声が大きくなり、サポートの体質を改善したが故、今現在においてはサポートを打ち切るということはなく、きちんとネット通販であろうと店頭購入であろうとサポート対象にある商品です。

その為、故障した場合は家電量販店の場合、量販店を窓口に修理なりの依頼をしてネット通販においては自分でサポートに電話をして対応を仰ぎ商品を郵送するなどをして商品の修理を行うというのがこちらのメーカーのテレビに関する故障の問題になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました